中学受験の出願者数と算数の傾向を確認する

中学受験をする時に算数の教科の平均点にも影響するなど、それなりに重要になるのが出願者の数です。数が多いとそれなりに中学受験を難しくすることがありますので、どのくらいの人数がいるのかを確認してみると良いです。

出願者数は、調べることで毎年の人数を調べることができます。ですから、自分の子供に行かせようと思っている中学がどのくらいの人数の出願者がいるのかを確認してみると良いです。それで少ない場合は合格率もある程度高くすることができるかもしれませんが、多いとその逆に合格率が下がる場合があります。と言っても、最終的に決めるのは子供がどのくらい力を出して算数の問題も含め、クリアして合格できる水準になっているかによりますが、それでも人数は確認しておいた方が良いでしょう。競争率が高いところですと本当に多くの人が出願しているので注意です。そこから勝ち取るためにも頑張って中学受験をするようにしてください。

ちなみに、集まった人数に対して合格する人数が決められているわけではないので、あくまでもどのくらいの人数がいるかを確認する程度で良いです。人数が居ても居なくても合格できればそれまでです。あえてこれをうまく使うなら競争を子供に教えてモチベーションを上げると良いかもしれません。多いところを合格できればそれだけでかなりの自信になります。

【コンテンツ】