中学受験の算数の公式

中学受験ではテストで効率よく問題を解くためには公式を理解し、それを応用できるようにしておくことが欠かせません。そのためには、ただ公式を暗記しただけでは、間違った数字を代入してしまえれば、問題は不正解となってしまうだけに、公式について正しい知識を身につけられるようにしておくことです。

なにが問題となって、どこから問題を解けばいいのか、ということをある程度、正確に知れば、問題に対しての理解も深まりますし、問題に対しても臨機応変に対応をすることができるようになります。最初のうちは苦労することも多いでしょうが、問題を理解していくことによって、解答の精度も高くなっていきます。

公式については、いつも算数で勉強をしているときに、どのような意味があるのか、ということをお子さんがしっかりと身につけていることがベストです。時間と距離の関係屋、濃度の理屈などについても、よく意味を知っておけば、多少の応用問題についても解答を得るためにどのようにしなければならないのか、ということを見つけることができます。難しい算数の問題も公式を知っていれば、その問題に対してどのように取り組むべきかを発見することができるため、焦ることなく取り組むことができます。

【コンテンツ】