中学受験の算数の読解力

中学受験では算数で読解力を身につけてもらうようにすることがポイントです。応用問題などでは、算数で長い文章があると、お子さんがそれだけで苦手意識を持ってしまう可能性があります。そうなると、なかなか問題を解くためのプロセスが見つからず、それだけでマイナスに働いてしまう可能性があります。

算数の読解力は、まず問題で何から取り組めばいいのか、ということを確実に身につけていくことで、解くための力を養うことができます。苦手な問題をそのままにしておくと、それがマイナスに働いてしまうことになります。問題に対してどこから解けばいいのか、ということを確実に身につけていくことによって、中学受験の長文の応用問題に対しても、正確な実力を身につけることが出来るようになります。

読解力は、まず問題で何が分からないことで、どのような公式を使えばいいのか、ということを知ることから始めて下さい。そのロジックを知れば、文章でどこで注意をして読めばいいかもわかりますし、問題に対して正確に解くための方法を身につけていくことができます。ぜひ、問題に関して、苦手意識を持たず、解くための方法をしっかりと身につけていくように意識をお子さんにも身につけてもらえるようにしてください。

【コンテンツ】