中学受験の算数は定期的に

中学受験の算数は、各単元で一度点数が取れたからそれで習得したと思っては勘違いしてしまうことがあります。算数は、その仕組みやロジックを本当に身につけていないと、一度暗記しただけでは問題を解くことができず、結果として本番の時に忘れてしまう、ということになりかねません。そのような事が無いよう、算数の問題は定期的に取り組むことによって、問題を円滑に解くことができます。

そのためにも、身近に算数の問題に触れておくようにすれば、苦手な問題も克服できるようになりますし、久々に中学受験の問題に触れたとしても解ける確率は格段と高くなります。特にお子さんが苦手としている分野は、何度も反復して問題を解けるようにしておくと良いでしょう。

得意な算数の分野は、なかなか忘れないものですが、苦手な算数の問題に関しては、どうしても遠ざけてしまうため、それが苦手意識となってしまい、マイナスになってしまう可能性があります。そのようなリスクを防ぐためにも、同じ問題を繰り返し解くようにすることで、確実に算数ではプラスに働くことができます。ぜひお子さんに勉強してもらうためにも、どのように勉強してもらえるのか、ということを工夫して取り組んでもらうようにすることをお勧めします。

【コンテンツ】