中学受験の算数で自信をつける

中学受験では、算数に対してある程度自信がなければ、テストの時に知らない問題を見て焦ることになります。算数の問題で焦ってしまい、思考が止まってしまうと、それだけでマイナスの要因になってしまいます。冷静に考えて、どこから解けばいいか、ということを身につけることで、算数は確実に解き方を見つけられるようになります。

そのためには、ある程度、テストで自信を持って問題に取り組むように日頃から訓練をしていることがポイントです。算数についてある程度、理解があれば問題に対して、速やかに解くための方法も習得できるようになりますから、実際の本番のテストで問題が出題された時も焦ることなく、解答に近づくことができます。

中学受験の算数は、難解な部分も多くありますから、そのことをある程度意識して、どのように解くべきか、自分の中で分かりやすい方針を立てたれるように訓練をしておくことです。算数に自信がある人は、実際に自分が知らない問題が出題されても、今まで勉強してきた経験や、その問題の意図することを推察して解こうとする意欲がみられます。それが解答に結び付くことも多くありますし、算数の実力にもつながりますから、ぜひその点を意識して対策を講じて下さい。

【コンテンツ】