中学受験の算数の過去問

中学受験では算数は過去問を多く解くことが点数アップの秘訣の一つです。類似問題を多く解くことで、解答までの思考のロジックは確実に磨かれていきます。類似問題も多く登場してきますし、問題の傾向も身につけられるため、お子さんも算数に対して前向きに取り組むことができるようになります。

算数の過去問も、最初から高いハードルにしてしまうと、挫折してしまう可能性があります。それよりは、確実に解ける知識のある問題から取り組み、自信をつけてもらうようにすることがポイントです。算数は、着実なロジックを身につけていくことで、点数にも直結していますから、ぜひその点を意識してください。

過去問も、同じ出題年数だけではなく、数年前まで振り返ってみると良いでしょう。傾向も毎年、変わっていることが分かります。その中から各学校で問題の出題方法などに特徴がありますから、それを身につけてもらえば、中学受験でプラスに働くことは間違いありません。問題に対して慣れてもらうだけでも、テストの時に有利になるため、定期的に過去問に触れる時間を作ると良いでしょう。問題を解くための考え方や、コツも習得できるようになり、勉強でもプラスに働きます。

【コンテンツ】