一緒に中学受験の算数に取り組む

算数の問題は単調で一人で同じことを繰り返しているとお子さんも飽きてしまう可能性があります。そのようなことが無いように、一緒にお子さんと中学受験の算数の問題に取り組むようにすれば、問題の難しい側面に気付くことができますし、問題を克服するたに、何を勉強しなければならないのか、ということも知ることができますので、問題でミスやロスが発生することも無くなっていきます。

中学受験では、算数が苦手なお子さんは自ら自習するときに、何を考えればいいか分からないため、その時間を無駄にしてしまっています。算数で必要なことは「自分で気づく」ための合理的な力であり、それを養うことで、確実に算数では点数を上積みすることができます。

一人で悩んでいることが多いお子さんとは一緒に問題を解くようにしてみると良いでしょう。そうすれば、ただ、解けない問題を考えているのではなく、何をしなければならないのか、ということを知ることができますから、勉強に向けてプラスに働くことができます。一緒に考える時間は、いままで自分でも気付かなかった算数の問題でもプラスに働くことができますから、大いなる実力向上のプラスとなることは間違いありません。

【コンテンツ】