中学受験で苦手な算数の問題

中学受験で安定して算数で点数を取ろうと思えば、苦手な算数の問題から逃げないようにすることがポイントです。一度、算数の問題で苦手意識がついてしまうと、これを克服することは大変です。そのため、苦手だと気付いたときにお子さんと一緒に問題に取り組んで、解き方や何が難しいのか、ということに気づいてあげることが大切です。

大人から見ると、分かっている算数の問題は、気付かないようなところに、何が難しい要素があるのか、ということを気づくのは、簡単ではないところがあります。算数に関しては、その問題の難解さを気づくことで、どのようにして取り組んでいくべきか、ということを知ることができます。

算数に関して、問題意識や難しい要素を知れば、解くための方法を身近に感じていくことができます。特に苦手意識がつく前に、お子さんが躓いている問題を見つけ、解き方を一緒に身につけてもらうようにしましょう。そうすれば、中学受験で苦手な算数の問題が出題されることもなく、安定して点数を取れるようになります。苦手な教科から得意教科にするためには、問題でどこに躓いているのか、ということを知れば、その克服方法も自然と見つけることが出来るようになります。

【コンテンツ】