飽きないで中学受験の算数に取り組む

算数の勉強は、数が中心となってしまい、地道な問題を解くだけでは、飽きてしまいます。そのため、問題への取り組み方は算数が嫌いになってしまわないように工夫が大切です。同じ問題ばかりの繰り返しは、要点を理解してしまえば、それ以上は必要がないため、算数で飽きてしまわないようにするためには、問題を正しく理解するための工夫が必要となります。

お子様が、どのような問題の形式が好きで、算数に対してどのような認識を持っているのか、ということを理解すれば、問題を解くためのロジックや勉強の方法も確実に身につけていくことができます。中学受験では、なかなか解くことができない難解な部分も当然存在するだけに、正しく解くためには、どのようなプロセスが必要なのか、ということを理解していくことが求められるといえるでしょう。

同じ参考書や問題ばかりをするのではなく、違う問題を解いてみる、勉強の成果が分かるようにする、難しい問題を解く喜びを覚えてもらう、など算数では得意となるための工夫がポイントです。勉強を通して、算数に対する理解を深めれば、確実に実力も身に付きますし、応用力も身につけることができます。ぜひ、多くの問題にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【コンテンツ】