中学受験の算数の問題を単純化

中学受験の算数の問題は、単純に計算すれば解けるようなこともなく、自分で考えなければならないことが多くあります。そのため、算数が苦手な子どもにとっては、何から解答を導き出せばいいのか分からず、苦戦する結果になってしまいます。そのため、まずは問題で何が難しいポイントなのか、ということを一緒になって考え、問題を単純化していくことで、解答のためのプロセスは格段と近づいてきます。

中学受験の算数で、難しいネックとなる問題の部分を理解すれば、お子さんに単純化して解答までの道筋を導くことができます。なかなか簡単ではない問題も、このように冷静に分析していけば、解答まで確実に近付くことができますから、ぜひ問題を分かりやすく、一つずつ解くためのテクニックをお子様に身につけてもらうようにしましょう。

一度、難しい問題でも解くための道筋を見つけるようになれば、それに関連する問題も算数にはパターンがありますので、解くための方法を見つけられるようになります。複雑な問題であったとしても、解答を見つけるための道筋は確実に存在するので、まずは何が問題を解くための必要なのか、それを一つずつ考える力を養うことがポイントとなります。ぜひ、お子様のために、一緒に考える時間を持つようにしてください。

【コンテンツ】