中学受験の算数の解く喜び

算数が嫌いになる要素の一つに「問題が解けない」ということで挫折してしまうことがあります。算数は、答えが一つしかなく、正しい方法を採らなければ解けない、ということが続いてしまいます。暗記するだけではなく、よく問題のことを考え、理解し、正しい数式による問題解答が必要なのは、実は小学生の時の算数から始まっているのです。

このことを疎かにしてしまうと、算数で苦手意識がついてしまい、問題が解けないままになってしまいます。算数では解くことの喜びを見出してもらうため、もしお子さんが中学受験の算数で苦戦するようでしたら、一緒に解いて、共に喜びを分かち合うような気持ちを持つことが大切です。そうすることによって、問題に対する自発的な意識も身につくことになりますし、問題の要点についても正しく認識することができます。

算数は、実際に何が難しいのか、ということを意識しておけば、解くためのプロセスも正しく身につけることができるようになります。問題に対する正確なアプローチができるようになれば、算数に対しても正しい解答方法を身につけることができますし、学習意欲も高めることができます。ぜひ、算数に関しては正しい認識や学習方法を身につけるようにしてください。

【コンテンツ】