中学受験の足し算と算数

中学受験では単純な足し算も必要なる計算問題が出てきます。これらの計算について、出来れば二桁程度は暗算で正確にできるようにしておくと良いでしょう。そのためには、日頃から問題に対して、敏感になっておくことが良いでしょう。

中学受験に必要な足し算の算数は、計算スピードが速いことと正確さを求められます。これらの計算で苦手意識がついてしまうと、他の応用問題に着手することもできなくなってしまいます。逆に簡単な算数の問題が解けるようになれば、確実に算数で実力を身につけることができますから、計算関連の分野でプラスに働くことができます。

中学受験での足し算は、それほど複雑でもないため、日常から数に対する理解力を養えるようにしておくことです。毎日の算数の勉強では、簡単な計算問題で間違いが無いように訓練をしておくことです。また、暗算でも訓練できるように口頭で「9+6+5」は、などと質問してみるのも良いでしょう。記憶力、計算力がつく算数の足し算は、問題を解く基本であり、このスピードと正確さがあれば、算数の実力アップは間違いありません。この点が欠如してしまうと、当然ながら不利益を講じることもありますから、勉強対策は十分にしておいてください。

【コンテンツ】